N°ELDNACS

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | 2013.11.11 Monday | - | - | pookmark | author : スポンサードリンク |
reports_001_caravan reports_001_soto


2009年5月13日、2週間後の
5月25日のオープンを目指して
JUNEとELDNACSのマリオ、NORI、HEBI、
そして東京で研修をうけていた店長となる川口町のやすくんとともに
新潟県小千谷市にあるこの場所にやってきました。

震災がある5年前までは営業していたという
国道沿いにあるうどん屋さんを借りて
まずは電気やガスをひくこと
外の草むしり…何もかも一からのはじまりでした。

なぜここにJUNEのお店をつくることになったのか、、

今から5年前に中越大震災があって川口町は震源地で大変な被害でした。
JUNEがキャンドルを灯したいという想いからこの町に繋がりができて
訪れることになったのがきっかけです。
やすくんを中心とする町のみんなから
「きてくれて嬉しかった。ありがとう。。」という気持ちの交換があって、
それから毎年、祈りのキャンドルを灯すイベントが始まりました。

私も2006年の冬、ELDNACSで働き始めてはじめての旅がここ新潟でした。
そのときのJUNEのレポートはこちらをみてください。
http://www.candlejune.jp/reports/reports_20060211.html

年々共に活動する仲間がふえ、町の復興は進み、
震災があった日に追悼式典を開くまでとなり
そして、「悲しみの地から全国に感謝の気持ちと元気を届けたい!」と
2008年3月には雪の中での伝説の野外フェス「SONG OF THE EARTH」を開催するまでになりました。

そして年に一回、東京からきてという活動ではなく
この新潟で学ばせてもらったことを何か恩返しがしたい、
共に活動する仲間達と同じ土地に暮らし、拠点をつくり、
この繋がりをよりよい形に発展できる場にしたい!という想いから
やすくんのおねえのおかげで川口町のお隣の小千谷市に
物件をかりることができ、オープンする運びとなりました。。

このELDNACSの新しい始まり。。
あと12日しかないけど。。と緊張しながら
急ピッチで作業は進みます!

第二話へつづく〜〜 from *Mats!!





| N°ELDNACS /STORY | 2010.02.19 Friday 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | author : N°ELDNACS 住所:新潟県小千谷市上片貝1985-6 |
| - | 2013.11.11 Monday 14:46 | - | - | pookmark | author : スポンサードリンク |
<< LOVE for HAITI! 神戸長田神社、目黒CLASKA 無事終了しました! | トップページ | N°ELDNACSができるまで 〜第二話〜 >>

この記事のトラックバックURL
http://eldnacs.jugem.jp/trackback/6
トラックバック